Ted Chiang in Japan
(2009/9/6)

日記のほうにちらほら書いておりましたが、韓国の帰りに日本にも寄ってくださったテッちゃん先生。星雲賞を受け取りに東京に滞在したあと、観光で金沢へいらしたそうです。セレクトがしぶいっスね。(自分も金沢は昔々(笑)修学旅行で行きましたが、ほとんど自由行動だったため、兼六園も見ずに友達と古本屋めぐりとかしていた記憶しかありません…今考えるとアホウでした…(^ ^;))

SF業界者さんの歓迎パーティー以外に、ファンをまじえたお茶会もあったそうなんですが、富山での日本SF大会で急遽参加希望者を募集…という限られた中での開催だったそうで、なんと希望者がたった六人だったとか。…もったいない!…まあそれで定員ぴったりだったそうなんですが、あとから知って地団駄踏んだファンの方は日本中にたっくさんおられると思います…(もちろん私もその一人でございます(^ ^;))次の来日時はぜひ、一般ファンも傍聴できるような講演会とかやって戴きたいものです…ホントに。

なんか作品発表ペースが上がってらっしゃるので(一年のうちに2作品の情報が出てくるなんて、前の『商人と錬金術師…』が5年ぶりだったことを考えるとウソのよう)チャンせんせの最新情報を一括配信してくれる公式サイトがあるといいんですがねえ。メーリングリストとかファンクラブ、ないのかな。グレッグ・イーガンさんみたいな自前公式サイトがあったら一番嬉しいんですが。…せめて(グループじゃなくて)個人ブログとか。…メンテナンスが面倒だったらコメント不可でいいですから。いかがっスか先生!?(ここに書いても虚しいですが…(^ ^;))

…東京滞在時のことと、韓国のファンタスティック映画祭については、SFマガジンの大森望さんのページにも取り上げられてました。お茶会の様子がちょっと詳しく読めるのは今のところこれだけ。迷ったすえに買いました…(^ ^;)。(SFマガジン連載の『SF観光局』は、現在のところ唯一チャン情報を摂取できる紙メディアなので、毎月立読みしていたつもりだったんですが…前月号で来日情報を予告してあったそうなんですが、気がつきませんでした!) 一月号にインタビュー記事も載るそうです。Exhalationの邦訳も載るし、これは楽しみです♪

ちょっとほかの情報を探す時間がとれないので、とりあえず日記に埋もれてしまいそうな発掘リンクだけ、こちらに移しておきますですね。

グーグルアラートが拾ってくれた、お茶会に参加なさった方のブログ
こちら

検索していて見つけた、大森望様のサイトの情報ページ。最新情報がうえにどんどん重なっていく形式なので、時間がたつと後ろの過去記事ページに移ってると思います。「第40回星雲賞発表」の記事の中に書かれていました。
こちら

こちらも検索で見つけた、お茶会参加者様のブログ
こちら

韓国で抜粋を朗読したという、最新作が気になります。
未完成なんでしょうか?発表が楽しみです!

 

インデックス部屋へもどる