テッド・チャンさん備忘録


サイト移転のお知らせ
(2020/7/29、2020/8/28修正)

2020/9/30→2021/9/30までにこのコーナーを含む旧母艦サイトを閉鎖し、
下記サイト内に「旧館」として保存(「テッド・チャンさん備忘録」は更新継続)する見込みとなりました。

SUSSANRAP -サッサンラップ-

上記「旧館」内「テッド・チャンさん備忘録」

現在は両方でご覧いただけます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


line


また、少し前からモバイル対応として、サークルメインサイトのブログに
「出張版」として同内容を投稿しています。
スマホなどではこちらのほうが見やすいかもしれません。
ご都合によりご利用ください。

SUSSNRAP boooks & more内
ブログ・牛乃の日記
(カテゴリ「テッド・チャン」)



 

新刊予約開始と文学イベントふたつ
(2018/9/22)

 

 

来年5月・新刊短編集発売予定

テッド・チャンさんの新刊短編集が来年5月に発売されるとのこと。先月あたりからAmazon等で予約受付を見かけるようになりました。去年か一昨年あたりのワークショップで言及されていた短編集、たぶんこれですね。

Exhalation: Stories



新作は2本含まれているようです。表題作になっている"Exhalation"は個人的にも大好きな一本で、以前SF大会で生け花展示のテーマにさせていただいた思い出深い一作でもあります。装丁も素敵ですね。楽しみです❤


文学イベントふたつ

こちらは終了したイベントですが、8月末から9月の始めにかけて開催された Melbourne Writers Festival WORD Christchurch、という2つの文学イベントに参加なさったようです。それぞれオーストラリアとニュージーランドのイベントです。例によって事前にチケット情報など流れていましたが、行けるものでもないので(^^;)事後情報など出るのを手ぐすね引いて待っておりました。記事へのリンクやイベントでの発言・写真のツイートなど拾えたものを記録として貼らせていただきます。シェアしてくださった皆様に陰ながら感謝を。いやー、ネットありがたいです❤

↑「世界があなたを気にかけないからといって、
あなたが世界を気にかけるべきではない
というわけじゃない」
――テッド・チャン メルボルン・ライターズ・フェスティバルにて

↑文脈によりけりなのでガタガタした直訳ですみません。 推測でもう少し意訳すると、
「あなたが今どういう状況にいるとしても、 世界への関心を失うべきじゃない」
的なニュアンスでしょうか。 どういう流れで出てきた発言なんでしょうね。

 

↑サイエンス・フィクションは、あなたに現状を深く考察させるものであるべきだ。
――テッド・チャン WORDクライストチャーチにて

 

↑クライストチャーチでのインタビューイベントのレビュー。
レビュアーさんにはあまり楽しくなかったみたいですね。残念でした。
でも「話し方がアカデミック」な訥弁なのは、自分にはかえって好印象です。(笑)
チャンさんの発言部分をはしょると、(以前にも話しておられたことですが)
――たいていの人のSFに対する認識はハリウッド映画のもので、善玉と悪玉が戦って
(悪玉によって乱された)元の状態を取り戻すというものだけど、
SFは元に戻すのでなく何かが変わって後戻りしない別の世界になるもの。
だから『マトリックス』(一作目)は好き――とのこと。

 

 

↑ニュージーランドの作家whiti hereakaさん、Michael Bennettさんを交えた、
タイムトラベルをテーマにしたディスカッションのリポート。
以前ウェブで行われたタイム・トラベル・レクチャー
(紹介過去記事はこちら)でも 言っておられたんですが、
『クリスマスキャロル』や予言の物語は一種のタイムトラベルで、
運命は変えられない→変えられる、と(人々の考え方を反映して)変わってきた……
という興味深いお話。そしてオーディエンスからの 質問に答えて、こんな発言が。

「趣向としてのタイムトラベルは、ストーリーの見地から見れば
『どんな容器に入れようとその容器を溶かしてしまう万能の酸』。
時間をさかのぼってやり直すことで、主人公の問題はあっというまに解決できてしまう。
そのために、タイムトラベルの物語は通常「ルール」か制約を適用して、
簡単な解決が起こらないようにしている。
そしてこれらの制約は、厳密な吟味には耐えないこともあり得る――
ストーリーを語るために、少しの間不信感をとめることを目指しているだけだから」

加えて、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を
「スイスの時計みたいな(精密な)プロット」で好きな映画として挙げておられます。
こういう親しみやすい映画の名前を挙げてくださると、映画好きとしてはちょっと安心します❤
もっと映画のお話聞いてみたいなあ……。

テッド・チャンさん備忘録インデックスへもどる