動画2本:"Arrival"サンディエゴプレミアQ&A
/ワークショップ(新作朗読付き!)
(2016/12/4)

 

コミケ準備で油断しているすきにすごい動画が!正直リスニングはまだまだ苦手なので、一度聴いただけではわからないところが多いのですが、とりあえずわかった範囲の内容から一部を記録いたします。(聞き違ってたらごめんなさい(^^;))

まずはサンディエゴで行われた"Arrival"(邦題『メッセージ』)プレミア後の原作者Q&A。動画で見られるとは。チャンさんが見るのはこの時三回目、とのこと。

裏話もいろいろあって…まず、ご本人は映画向きの話とはまったく思っていなかったので、許可を求められたときは驚いたこと(これてインタビューでも語ってましたね)、そして脚本はいい反応を得たものの、何人かのプロデューサーから「主人公が男性なら」という要求もあったこと。そのへんは脚本・製作を担当したエリック・ハイセラー氏がこだわりをもって原作の設定を守ってくれたようです。
最終的にインディペンデント系のFilmnationが出資したのでパラマウントは配給のみであること、エイミー・アダムス(たぶん監督が第一候補にした、とのこと)が主演を決めてからパラマウントが配給を決めたこと(わかる気がする(^^;))、などなど。

映画にするにあたって変更がたくさんあるのは理解できたし、脚本の草稿を読んだら物語の本質的な感情の核はちゃんと保たれていて、それこそが望んでいたことだったこと、映画には大いに満足していること……などなど。お話聞いてると、一介の映画ファンの目線でも、一般的には無名の短編小説の映画化としては、かなり幸運な扱いではないかと感じます。製作者がよほど原作に惚れ込んでるのではないかしら。原作ファンとしては「だから最初から映画化なんて無理だと思ってたんだよー」なんてしたり顔の文句タラタラをせずにすみそうで嬉しいです。(笑)

…そうそう、二、三年のうちに次の短編集が出る、というお話も出てました。楽しみ❤

 

それと、ついでにYouTubeで久しぶりにお名前で検索して、すごいものを見つけました!8月に行われたワークショップで、"Story of Your Life and Others"(短編集『あなたの人生の物語』)の再版祝いとQ&A、その前にななんと新作の冒頭朗読しておられます!チャン氏の美声ファンとしては二重の意味でお宝動画!!(^^)/
後半では映画のタイトルが"Arrival"になったこと等、映画化にまつわる質問(ファンとしての心配?)も。それに対しては、小説の映画化で原作への忠実度がとやかく言われるようになったのは比較的最近で、『ジョーズ』や『ゴッドファーザー』でそんなことは言われてないよね?と言及。本に忠実にすることにこだわって、かえって映画として出来が悪くなることもあると。だから映画は映画で独立したエンターテインメントだと考えるようにしてみて、と答えています。大いに共感!(そのあと「そうしようと僕は努力してるから」と言い添えて笑いをとってますー(笑))

その他執筆プロセス等のお話はインタビューで何度か言及していることですね。あー、とかYou know、とかすごく多く挟んでて、いつも以上の訥弁になってる箇所も多々あるんですが…正確に答えようとしてるんでしょうね。(ルーパーのポッドキャストのときはリラックスした「おしゃべり」だったのでまた違いましたね)でも和やかでカジュアルな雰囲気で、笑いも随所に出ていました。それにしても未発表の新作、前述の短編集に入るんでしょうか。わくわく♪

映画はほんとに評判が良くて、ツイッターの公式アカさんをフォローしているので、俳優さんのプロモーション写真やなんかはけっこう見かけました。つい昨日はCritic's Choice Award (放送映画批評家協会賞、でしょうか?)で作品賞、脚色賞、監督賞、主演女優賞などなど主要10部門ノミネートとのニュースが流れてきました…原作賞ってのはないのね(笑)。でもこれマジですごくないですかっ!

でも日本公開は来年だし、ちょうどこの週末は東京コミコンでジェレミー・レナーが来日してたんですけど、アベンジャーズが眼目みたい?(仕方ないけど)…ともあれ、見るのが楽しみであります。ああ、早く見たい❤

 

テッド・チャン情報メモインデックスへもどる