インタビュー音源: Sci Fi Lab (期間限定ダウンロード可?)
(2014/11/7)

ジョージア工科大学の学生さんによって運営されているラジオ局、WREKのSCI FI LABという番組のインタビュー音源です。公開録音で、観客とのQ&Aコーナーもたっぷりありました。

WREK: SCI FI LAB
ゲスト名が書いてませんが、書いている現在は"The Last Show"です。来週は"The Show Before"になるんでしょう。 (最初に別の短編朗読があって、チャンさんのコーナーは4分30秒頃から)

すべてのアーカイブをまとめたページが見当たらないので、二週間は公開されているってことですかね。 (私がアーカイブコーナー見つけてないだけだったらごめんなさい)

今はオンラインでも聞けますし、ありがたいことに音声ファイルもダウンロードできます。(リンク先の「 (128kbps / 24kbps)をクリック)オンラインで聞いたんですが、やはり聞き取れないところがあるのでダウンロードしました。チャンさんの発音はクリアで比較的聴き取りやすいんですが、もちろん知らない単語も多々あるし、Q&Aの質問のほうが聴き取れないと文脈がわからないし。(^^;) あとで速度を落として聞きなおそうと思います。

リスニング難民なりに聴き取れた範囲で内容をメモしますと……。
最新作の"The Truth of Fact, the Truth of Feeling"がらみのトピックが多かった印象です。

タイトルのインスパイア元がRoy Pascalの"Design and Truth in Autobiography"(たぶん)に出てくる一説であること、
新技術は便利なものだけど、そのマイナス面やそれによって何を失うかを意識するべきだ、と言うお話、
映画『her/世界にひとつの彼女』は好かんというお話(笑)、
みんなが携帯電話をアップグレードするたびに何トンもの有害廃棄物が出る、そんなに頻繁に新機種に替える必要あるか?いやクールなのは確かだけど…と言うお話、
"The Truth of..."で出てきたライフログみたいにひっきりなしに録画するのは個人的には好きじゃないじつはこのトークを録音されてるのも嬉しくはないんだけど(笑)……と言うお話…などなど。

…新しいテクノロジーはもちろん使うし、そういう業界で働いてるし、テレビ番組録画して見られるのも便利で嬉しい。でもその上で…と、いつもながら極端な話にならないようになさってて、ところどころ笑いもとっておられました。公式サイトもツイッターもやっておられないし、つくづくテクノロジーと賢い距離を保っておられますね。
タイトルが出たロイ・パスカルの本にも興味が出たんですけど、Amazonではえらい高値がついてる古書しかありませんでした。1960年の本なんですけど、電子化もされてないですね。GoogleBooksで覗くことはできます。

『her/世界でひとつの彼女』は未見ですが、ホアキン・フェニックスが女性型AI に恋する話、でしたよね。チャンさんのおっしゃるところでは、出てくるAIがあまりにカンペキに都合がよすぎて現実味もないそうで…まあなんとなく想像がつきます。でも男性向けの妄想映画って所詮はそういうものでは?なんて思うんですけど。(まあ、自分もある種の女性向け妄想映画で心地悪い感じがすることはあるので、それと同じようなことかもしれないですね)
とにかく、、そこをきちんと否定してくれちゃう感性をお持ちだから、読者としてはなんか信用できるなあ、って感じがするんでございます。

( あ、今キャストを見てみたら、そのAIの声をやってるのはスカーレット・ヨハンソンなんですね。彼女の『ルーシー』があらすじだけ見たら『理解』の翻案みたいな感じがしたのですけど。『あなたの人生の物語』に主演するというエイミー・アダムスも出ていますね。…余談ですが、ホアキンはちょっと前にフィリップ・シーモア・ホフマンと共演した『ザ・マスター』がなかなかよかったです……って、すいません、完全に横道(^^;))

…ちょうど今日、偶然掘り出したタイムトラベルレクチャーの音声を聴きなおしたところでした。新しい音声が手に入ったのはすごく嬉しいです❤

テッド・チャン情報メモインデックスへもどる