新作が早くもSFマガジンに!
(2010/11/28)

昨夜、テッド・チャンの"The Lifecycle of software objects"の翻訳が今月号のSFマガジンに掲載されていると知り、今朝あわてて本屋さんに行ってきました!

S-Fマガジン 2011年 01月号  

すごいですね、表紙にどどんとお名前が。人気あるんですね。(身の回りにファンがいないのでどーもロビンソン・クルーソーな気分が抜けないのですが(^ ^;))

でもせっかくここまで英語で読んだのだし(現在kindleの表示で85%)、正直購入はどうしようかなあ、と思ってたんです。おまけに買い込んだドキュメントスキャナで一生懸命紙減らしをしているところだし・・・。たぶん早めに単行本も(もしかしたら"Exhalation"と抱き合わせで)出るだろうし、結果的に二重に買うことになっちゃうよなあ。立ち読みして、ほかになにか情報が載ってたら買おうかなあ、と、道々考えながらお店へ。

が、扉のイラストを見たとたん、あっさりレジに向かってしまいました。(笑)そうなんですよ!読んでて頭に浮かぶディジエンツはこーいうかわいいイメージなんです。マルコとポーロですね、これは♪

・・・洋書のイラストはロボットのジャックスの、わりと痛々しいイメージのイラストが多かったもので、なんか違和感あったんです。(まあ、内容的にそういう部分が大いにあるのですけど)日本とアメリカの違いってこういうところにも出るのかな。原作本と翻訳をこういう風に見比べる体験はしたことがないので、面白いなあ、と。やっぱり「カワイイ」="Cuteness"は日本の十八番ですね。ジャックスじゃなくてマルコとポーロを持ってきたところに、なんかお国柄が出ている気がします。

・・・駅前のTSUTAYAになくて冷や汗をかき、別のお店で見つけてとりあえず手に入れてほっとしました。でも作品以外に特に情報というのはないようなので、しばらくこちらはお預けにして、英文のほうでいったん読み切ろうと思います。翻訳はそのあと、答え合わせ(?)の意味で読もうかと。(誤読してるかもしれないので~(^ ^;))正直体調のせいで英文を読むのがつらくて、しばらく放置してました。持ち直してきたところでタイミングよくカツが入りましたので、改めて続きを読みまーす♪

 

 

テッド・チャン情報メモインデックスへもどる