『商人と錬金術師の門』が文庫アンソロジーに収録♪
(2010/9/29)

SFマガジンを立読みに行って、先々月あたりに座談会の形で告知されていたテッド・チャン氏の『商人と錬金術師の門』が収録されるという、時間SFアンソロジーが発売になっているのを知りました。さっそく文庫の棚に。…ありました!しかも『商人と…』は一番最初に収録されてました。これでSFマガジンのバックナンバーを探さなくとも読めるようになりましたね♪

ここがウィネトカなら、きみはジュディ  時間SF傑作選
(SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)
 

SFマガジン収録号は持っているので、ダブッて持っててもなあ…と迷ったんですが、他の収録作も時間をテーマにしたSFの選りすぐりということなので、購入しました。

偶然なんですが、古本屋さんでアシモフの時間SF『永遠の終わり』を見かけて、食指が動いたばかりだったんです。ただし、そこにあったものは「いくら100円でも汚すぎる…」というシロモノだったのでやめたんですが…。帰ってアマゾンを見たら、これ絶版なんですね…ううう、どっちにしろ古本で手に入れるしかないのか…。(ため息)

(余談ですが、これは高校時代にタイトルだけ聞いた作品でした。その頃親しかった「アシモフ大好き」の友達がはまりまくっていて、逆に読みにくくて読む機会を逃した、という思い出があります…(笑)。毎日学校で顔を合わせる友達だったので、万一自分が「入り込めなかった」場合、感想が言いにくいなあ、と。…身近に同じジャンルのファンがいると、かえってこういう気兼ねがあるんですよね。「もう絶対オススメ!」と太鼓判を押されると特に…(^ ^;)。どんな名作でも、突き詰めると個人の好き嫌い次第ですから…その点、面識のない人の書評やレビューでいくら褒められてても、気楽に読めるというものです(笑))

…というわけで、タイミングよく「時間SF」に食いついてしまいました。他の収録作も読むのが楽しみです♪
『商人と…』も、パッとページを見た瞬間、「SFマガジンの二段組で読んだときとは印象が違うな」、と感じました。チャン氏の作品を読むとき、「地の文」の味わいにけっこう魅力を感じるほうなので、一段組で目に入ってくると、その感じが強くなる気がします。うーん、組み方で印象って変わるもんなんですね。同人誌を作るときも意識してみよう、と思いました。(これまでは、「ページ節約のために二段組」、くらいの感覚でやることが多かったので…(^ ^;))

じつは今、あまり本を読む時間がとれないのです…。(10月末のJ庭合わせ新刊の準備にほとんどの時間を注ぎ込んでいるため)短編ならちびちびと手をつけられるかな…。でも、続きが気になってる"The lifecycle of software objects"の英文購読のほうに時間をあてたいのもあり…一日82時間くらいほしいデス…。(涙)

 

インデックスへもどる